夏場の脇のにおい対策を実際に行ってみたけれど 2017年9月29日

私はワキガではありませんが、汗っかきのため、汗の臭いが気になってしまいます。
特に夏場は汗をかき、長時間放っておくと悪臭が発生します。
その中でも脇汗は他の部位と比べて大量に発生します。
その結果数時間後には自分でも分かるくらい臭いことがあります。

 また、趣味で定期的に卓球をしていることもあり、練習終了中に大量の汗をかき、練習後には大雨に当たったかのように、全身ずぶ濡れになっています。
一度、練習前と練習後に体重を計測したことがありますが、練習前と比較して2kg痩せたこともありました。
それだけ汗をかけば臭くなるのも仕方がないことなのかも知れません。
共感を得られる方もいるかもしれませんが、臭いが気になるから、という理由で趣味の卓球はしない、ということは出来ないです。

 一度職場の部署の方々や一緒に卓球練習を行っている先輩達に相談したことがありますが、「汗をかくことは代謝が良いということだから気にしなくてよいのでは?」という意見をいただきました。
ごもっともですが、汗の量にも限度があると思います。

 現在行っている対策としては、脇汗をかいたらタオルで拭き、仕事の合間や卓球練習後にボディシートを使用し脇を拭いています。
臭いは気にならなくなりますが、定期的にタオルで拭くことができない場合もあり、ボディーシートも数分後には効果がきれているように感じます。

 インターネットで検索すると、女性ホルモンを増やすために大豆イソフラボンを摂取すると良い、という内容が掲載されていたので、豆乳を1ヶ月程飲んでみました。
他にも漢方によって汗がかきにくくなる方法がある、ということを聞いたことがあり、実際に行ってみましたが、いずれも効果が分からなかったため、断念しました。

 今後もタオルとボディーシートは使用していきますが、幸い段々と涼しくなるので少し安心です。
しかし、あっという間に夏が到来するので、その日までに新たな脇汗対策を考えたいと思います。

 逆に良い対策方法があるようでしたら、教えてほしいです。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です