結婚式や食事会を振り返って、反省や良かったと思うこと 2017年10月11日

 私が結婚式を挙げたのは、30歳で11月の時でした。彼の家がキリスト教の信者だったので、所属しているという、教会で午前中に式のみを挙げ、午後から食事会を親戚のみで行いました。友人にブライダルプランナーが居たため、ほぼ進行を頼むことが出来ました。
 教会の挙式は、お互いの親族と友達を招待しました。教会では式のみだったので、「ご祝儀は受け取りません、平服でお越しください」といった招待状を出しました。
招待した人数は、親戚は全部で約30人、友達は約20人。会社の人ですが、彼がまだ勤めて1年未満だったので、お互い招待しませんでした。
 教会で解散してしまうので、教会に来てくれた友達、教会のお手伝いの方などには、お礼をしました。お礼の品は余ってもいいように、ハンカチにしました。
 その後、身内のみで食事会のような披露宴をしました。会場をブライダル施設で食事会をしました。食事は一人1万円コースでした。司会者をお願いし、馴初め発表、ケーキ入刀、小さい子どもへのプレゼント、クイズ大会、最後には手紙披露などをしました。この食事会の時は、親戚のみでしたのが、ご祝儀を受け取りました。しかし、食事会と思っている人も多い為、1万円~3万円でした。
結果、身内のみで披露宴を挙げたような感じになりました。しかし、私自身が思うには、私は友達もおらず、10年勤務している会社の人も招待できずで、全く披露した気分ではありませんでした。私の身内は3分の1以下の人数でした。人数の差も考慮してもらえず、金額がきっちり折半だった事など不満がありました。ご祝儀も食事代くらいしかならず、手出しが多くなりました。
 しかし、私も悪かったところはありました。まず、ほとんど二人で決めてしまい、彼の両親に何も相談をしなかった事です。ほぼ当日までシークレットのようなところがありました。全て任せるとは言ってくれましたが、その分、金額の面ではかなり負担を感じました。
 他には、2次会も考えていなかった事。彼の方に友達が少なかったのもありますが、教会の式に参加してくれた友達は、ものの30分で帰ることになってしまいました。その事を考慮してなかったのは、悪かったと思いました。平服とは言ったものの、スーツで来てくれたし、友達はそれぞれ喫茶店でコーヒを飲んで久しぶりに談話して帰ったそうです。確かに祝儀は受け取っていませんが・・。
 それぞれのスタイルがあると思いますが、教会とブライダル施設、2ヵ所で使用料がかかったので、人数の割には高くなった結婚式のような気がしました。もっと詳しく>>>>>ブライダルフェア 東京 おすすめ

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です